すーちゃんの病的な怖がり性格、そして最後の金曜日恒例体重測定かな

ちょうど晩ごはんの支度をしていたときに、いきなり停電。

このところの6時はまだ明るいのでさほど不自由は感じなかったが、さすがに窓に面していないキッチンでの調理はツライ。さっそく大きなロウソクを持ってきてつけたら、すーちゃんがまるで「わたしがナイフを持って追いかけているかのように」全速力で逃げた。ボールも蹴散らしていたし、ものすごく怖かったらしい。

あいちゃんは、実は「きょとん」とした顔。「え、なんで逃げるの?」と、返って心配して自分でもすーちゃんの様子を見に行ったくらい。

すーちゃんは前にも書いたがものすごい怖がりだ。実は、これが理由で前の飼い主が飼うのをやめたくなったのではないかとずっと疑っていた。何しろすでに犬も猫もいたし、学齢前の子供もいた。こういう極度に臆病な猫が快適な生活ができる環境ではないと思ったのだ。

すーちゃんは、今でも客が来ると逃げる。
それどころか、庭仕事をしていたわたしが麦わら帽子のまま庭から家に入っただけで、ころがるように逃げたこともある。
ゴキブリがいたときも「ぎゃあ」とわたしが声をあげたら、あいちゃんは「なになに?なんかおもしろいもの?」とわたしの側に来たが、すーちゃんは足音も荒く隠れてしまった。

つまり、すーちゃんが「側に来きても逃げない」のは、「フツウの生活をしているわたし以外では」毎週1回定期的に家の掃除に来てくれるデンマーク人のオバサンだけなのだ。
こないだ、「あずけると、すーちゃんがストレスで猫風邪になっちゃってねえ」と言ったら、「え、それならわたしが来てあげますよ」と言う。いや、もちろんタダではないけれど、「毎日朝晩来て、ゴハンをやり猫トイレを掃除してくれる?」と一応訊いたら、「そのくらい、できますよう」とのこと。

猫としては、いくらスティーブおじさんがいいひとでも、いつもと同じ環境で過ごすほうがいいのかもしれない。わたしは、1日2回30分ぐらいしか知っているひとの来ない家じゃ寂しいかな、と思ったのだけれど、どうなんだろう。うーん。だって2-3日ならともかく、2週間が3回に、年末はそれが4週間になる。
そんなに長い期間、2匹だけで暮らしていけるものなのかなあ。

さて、体重測定。
もう、毎週測るのはあまり意味がないのではないかな、と思うようになった。
あいちゃんは先週6.30kgだったが、今週は6.34kg。ほとんど増えていない。慣れも絶好調で、カゴに入ってシッポが目の前に来たとたん、毛づくろいが始まってしまった。

フツウは、出してほしくて暴れるもんじゃないの?

aichan11112011.jpg

そして、すーちゃんはちょいと戻ってしまった。先週の7.51kgから今週は7.40kg。行ったり来たりで、ほとんど増えていない。ようやく落ち着いたということか。

いや、今日はそれでも居眠りは出なかったが。

suchan11112011.jpg

これからは、毎週の計量は必要じゃないのかもしれないね。
成猫に近づいたということで、なんだかちょっと寂しくなってしまった。

すーちゃんはあと5日で1歳になる。


いつもあいちゃんとすーちゃんを見に来てくださって、どうもありがとうございます。ランキングに参加していますので、ふたつのバナーをぽちっぽちっとクリックしていただけると励みになります。とても嬉しいです。

      ココをクリック        ココもクリック
      ↓  ↓  ↓        ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ 人気ブログランキングへ

4 COMMENTS

はなぴん☆

SECRET: 0
PASS: 12949e83a49a0989aa46ab7e249ca34d
なんかわかるわ~。
うちのふっこちゃんと激似。
うちはさ。元からの性格あると思うけど
それに輪をかけてシエルパパうちの環境がふっこを人から
遠ざけちゃったのか・・・って反省してるんだぁ。
すーちゃんもふっこもこんなに可愛いんだから
色んな人に見てもらいたいよね~。

返信する
猫婆

SECRET: 0
PASS: a41325d745580851a25997fa5c525056
がびさん

すーちゃん大変ですね。うちのキビも同じですのでがびさんの気持ちわかります。うちも私が冬に帽子を被って帰宅してリビングに入ったら逃げた、ベットメイキングをしようと布団を動かしたら逃げた、ユニクロのルームシューズを買って朝リビングに入ったら逃げた、当然チャイムが鳴ると逃げる(ゆえに友達からは幻の猫とされています)。もう不憫な位にね。こんなびくびくさんだとは知らなかったから来た当時はやっぱりキャトリーに預けていたのですが膀胱炎になったのを機にやめました。うちの場合猫好き日本人にアルバイトで泊まりキャットシッターを頼んでいます。お金はもらえる猫は一緒、仕事に行ったり遊びに行ったりしてもオーケーなので彼女も私も猫達もハッピーです。キャトリーに預けていた方が安いのは確かなんですがやっぱり家族なのでホリデーに連れて行けない分最適な環境をと思っています。キビは恐がりなのに超がつく位甘えん坊なので。最初の数時間はキャットシッターの子が来ても隠れていますが大丈夫だとわかると、もうべたべたらしいです。でも先代の3匹の時は一日2回通いでご飯とトイレ掃除を頼んでいました。多分キャトリーより通いでも来てもらった方がスーちゃんにはいいかも。デンマーク人の方が猫好きで猫飼育経験があると調子が悪そうなのもわかるだろうし、皆にスリスリされたらちょっと長く居てくれるかも。長くてすみません、その悩み他人事に思えなくて。

返信する
tsukikumo

SECRET: 0
PASS: 8d447010f217a96b0b4b0ce41a425aa7
ずっとご無沙汰してました!
子猫ちゃんだと思ってたあいちゃん、もう一歳になったんですね♪そしてすーちゃんももうすぐ一歳!!
どちらもとっても大きくプリティーに育って、ほんとがびさんちにやってきて良かったですね~

すーちゃん、そんなに恐がりさんなんですね。我が家のKumoも、お客さんがくるとニンゲンの届かないスペースに隠れてぜったい出てきません。ちょっとの音でビビってしまって走って逃げる事も多いです。普段はTsukiより甘えん坊なので、その差が可愛いというか可笑しいというか。(苦笑)
我が家は、近くにいいボーディング施設がなかったので、留守時は家に世話に来てもらってました。1匹だと寂しいけど2匹だとお互いがいるから大丈夫なんじゃないかなぁって。難しい判断ですよね。。

返信する
がび

SECRET: 0
PASS: 029ca95e2328d6038b0928f2255b28ab
★はなぴんさん:

そっかー。ふっこちゃんもかなり臆病でしたよね。シエルパパのうちで昼間から夜遅くまでずっとるっこちゃんとふたりっきりだったからかしら…でもるっこちゃんは大丈夫なのに。これって最初からの性格にそのあとの要素がからまって複雑な問題なのかもしれませんね。うちのすーちゃんの場合、何しろ半年以前のことがほとんどわからないんで。

★猫婆さん:

お久しぶりです!
ネコ好き日本人のお泊りアルバイト!いいですね、猫にとっては最高ではないかしら。

キャットシッターもパースにいるようですが、1日1回30分ほど来てくれるだけでキャッテリーと同じ費用です。それに、全く知らないひとにうちのカギを預けるのもちょっと躊躇してしまって。それよりはキャッテリーのほうが安心かなと思ったのですが、すーちゃんにはストレスみたいです。あいちゃんは全く大丈夫なんですけれど。

だから、毎週来るからすでに慣れているお掃除のデンマーク人のほうがいいかもしれませんね。クリスマスのときにちょっと頼んでみようかしら。近くに住んでいるし、1日2回来てくれるっていうし。2週間は大丈夫かなあ。長すぎないかなあ。

色々考えるところあって、1月に入ったら友達が泊りに来てくれるのですが、パースへのお泊り旅行ですので、2週間だけです。あとの日々は一応キャッテリーを予約してあります。でも解約してお掃除のひとに頼んでしまおうかなあ。

色々アドバイスをありがとうございました!

★tsukikumoさん:

うわー、お久しぶりです!
もうインターネットはひかれたんですか?
早いものですよねえ、仔猫の時代なんてあっと言う間です。さびちー。

Kumoちゃんもそう言えばおっかながりでしたよね。そうなんです、2匹いるからもしかしたら大丈夫かな、とキャッテリーのときも思っていたんですが、病的に臆病なすーちゃんは、あいちゃんがそばにいても環境の変化についていけないみたいです。やっぱり、家にいたほうがいいのかもしれませんね。。。
どっちがいいのか、悩む、悩む。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください