ブリーダーと里親の関係について少々辛口の独り言

ブリーダー業は、生体を扱うだけにかなり神経を使う職業だ。1日、それこそ24時間犬や猫の世話をしなければならないのだから、好きでなければやっていけないだろうと思う。

わたしがこれからずっとお願いしようと思っている宿泊キャッテリーのおじさんも、元々はラグドールのブリーダーだった。
年を取ってブリーダーとしては引退したが、猫たちから遠ざかることはとてもできない。だから、忙しいときに、簡単な仕事にはバイトも雇えるキャッテリーだけにした。それでも、自分の猫が5匹もいる。3匹は引退したラグドール、2匹はバーミラという言わばチンチラの短毛種のような美しい猫たちだ。夜は全員一緒におじさんのベッドで寝るというから、かなりぎゅうぎゅうの押しくらまんじゅうだろう。

「あいちゃんねる」を始めてから、あいちゃんの様々な問題に詳しくそして専門的なアドバイスをしてくれたブリーダーさんたちもいた。励まされ、教えてもらい、色々試してみたことも多かった。温かいコメントに疲れた頭がすっきりしたこともあった。

そして、もちろん、あいちゃんのブリーダーは今でも活躍している。西オーストラリアのキャットショーなどでは、最近もネットで彼女の写真をよく見るし、またラグドールに関してはメディアに色々と記事も書いているようだ。

ご存じのように、あいちゃんの両足骨折をもたらしたカルシウム欠乏症と、片目が今でも汚れるひどい猫風邪が発覚したことはかなりショックな出来事だった。そして、それにさらに追い打ちをかけるような彼女のウソと言い訳に、もっと怒りを覚えた。
詳しいことはその当時の記事(2月)を読んでもらたいが、それらの問題に関しては今でも彼女が許せない。

しかし、生体を扱うのだから、事故も起こる。いくら社会性を身につけるために3ヶ月まで母親や兄弟たちと一緒に暮らすといっても、その性格や態度に違いが出るのも当然だろう。病気だって、まったく予期せぬものが出てくる場合もある。

あいちゃんはずっと粗相と便秘の問題があったが、わたしはそのことに関してはブリーダーを責めようとはつゆほども思わなかった。
環境が変われば、わたしだって便秘する。まだ幼いのに、たった独りでうちにやってきたのだ。絶対治ると信じて、足の踏み場のないほどトイレを置き、猫砂も替えまくった。
そして、キャッテリーに2週間あずけて戻って来たら、拍子抜けするほどきちんと治っていた。あっけにとられたが、こういうこともあるんだろうと思って笑い飛ばした。

たかがトイレと思っているわけではない。
粗相をすれば、そりゃアタマにくる。だが、まだニンゲンで言えば3-4歳の仔猫に当たり散らしても、治るわけもない。「限界です」と、まるで世界の終わりのように叫んでも事態は改善しない。

だから、粗相が治らないからとブリーダーを責める気持ちがわからない。噛み癖があるからとブリーダーに「仔猫の性格と態度の全責任を負わせる」稚拙な断罪がわからない。

その間にも、猫は首輪がキライで何度も噛み切ってしまう。それならマイクロチップにすればいいではないかと思うのだが、携帯電話のアクセサリーのようにじゃらじゃらといくつもオマケをつけさせているのには呆れた。これなら嫌がるわけだ。猫はおもちゃではない。

2ちゃんねるのように粗雑な言葉でブログを埋め尽くし、あたかも自分が悲劇のヒロインでもあるかのごとくすべての責任をブリーダーに押しつけるのは見苦しい、と思う。
「神に誓って」などと大げさな言い方をするなら、ブリーダーさんに送ったメールと自分が返したメールを公開するべきだ。「起こった出来事」を全く呈示しないで、ブリーダーさんへの感情的な非難だけを書いて公開したら、それはもちろん名誉毀損だ。このひとのブログを最初から読んでみたが、名誉毀損に通じる記述はあるが、「非難を裏付けるだけの正確で具体的な記述」は全くない。

そして、「嘘をつかれて、ブリーダー価格の2倍の値段を吹っかけられて、問題行動ばかりおこす売れ残った猫をつかまされたのは私です」と書いていることについて。
どなたかが「じゃあラグドールに25万から30万も払ったんですね。それはひどい。」とコメントでビックリされたら、今度は前言を翻して「真の猫を愛するブリーダーは営利史上主義ではないが、その範疇です。お金の問題じゃないんです。」と言う。えっ。どうもよくわからない。

このひとは、一体「倍の値段をふっかけられたのか」それとも「適正価格を払ったのか」。
「売れ残った猫をつかまされた」ということは、ブリーダーさんがこのひとに強引にその猫を勧めたのか。

「そういえば個人にはあまり売っていないって言ってたっけ。ペットショップで売れ残った猫がどうなるのか、知っていて卸している奴にあれこれ指図されたくない。」とも書いている。
個人や紹介のないひとに売らないブリーダーは、オーストラリアにもいる。これは、ペット用とショー用、そして繁殖用のラグドールを区別しているからだ。ペットショップに卸す純血種猫ブリーダーはほとんどいない。

このひとは本当に「そのブリーダーがペットショップに卸していることを事実として知っている」のだろうか。そうでなければ、上記の文章が「誹謗中傷」の範囲にはいることをご存じないのだろうか。

コメントを書いているひとたちが、冷静にブログを読んでいないのにもため息が出る。
ブリーダーが弁護士をたてるというくらいなら、何かこのひとおかしなところがないかと疑ってみることもしない。

しかしわたしが一番腹をたてているのは、何よりもこのひとが自分の家族でもある猫を「不良品をつかまされた」と思っていることだ。不良品?自分の猫を「不良品」と呼ぶのか?

1度抱いて「この子をください」と言った時点で、家族の一員として迎えることの責任が生じると考えるわたしは単純すぎるのか。あいちゃんのブリーダーは、あまりにも沢山の問題が発覚した時点で「取り替えるから」と言った。そして拒否したわたしは、すでにそれからかかった費用を請求する権利も放棄となった。
それでもいい、と思った。あいちゃんはすでにわたしの家族だったからだ。

快適な部屋から玄関にハウスを移された猫は、今どうやって暮らしているのだろう。自分を「不良品」と考える彼女を、それでも慕って鳴いている猫はこれからどうなるのだろう。

最初に書いたが、ブリーダー業はかなり神経を使う職業だと思う。何と言っても、扱うのは彼らが愛してやまない「猫たち」だ。そのひとたちをすべて一緒にして「ブリーダーは国家資格もなにもない、ただの繁殖業者です」と言ってのける傲慢な記述にもたじろいだ。
そして、そのひとがその言葉によって「全ての猫ブリーダーを貶めているとは全く気づいていない」ことに、
またコメントを書いているひとたちが「炎上するかと思ったのに好意的なコメントばかりで嬉しい」という当人の言葉に全く疑問を持たないことに、暗澹たる思いを隠せない。彼女のコメント欄は承認制なのだ。

<追記>

気持ちが落ち着いたら、この記事を削除しようと思います。
わたしは、あるブログを読んでその傲慢で独りよがりな記述に気分が悪くなりましたが、何よりそのひとと一緒に住まなければならない猫を思って悲しくなりました。でも日本に住んでいるわけではありませんから、「アンタは日本の事情がわかんないのよ」と言われれば返す言葉がありません。

でも、この記事によって気分を害するかたたちがいらっしゃるなら話は別です。
コメント欄はそのかたのコメント欄と違い「承認制」ではありませんから、スパム以外は自動で更新されます。つまり、気分を悪くされたかたのコメントも、記事を削除するまでですが「わたしの許可なしに」アップされるようになっています。

にほんブログ村ランキング参加中です。下のバナーをぽちっとクリック↓で、あいちゃんもすーちゃんもハッピーに♥♥
↓ ↓ ↓  ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ

18 COMMENTS

はなぴん

SECRET: 0
PASS: 12949e83a49a0989aa46ab7e249ca34d
知ってる!!!・・・その中傷記事を見て疑問だらけだったけど、
自分に都合のいいひとだけで周りを固めていて疑問は受け付けないみたいだからさ・・・。

最初から読んでたけど・・猫に関して知識ゼロみたいで商品にたとえていてしかも欠陥品って・・・
心底、読んでて悲しくなりました。
私は猫を迎えるって決めた時点でわが子としてみるし、がびさんがブリーダーさんから
言われてもあいちゃんを手放さなかった気持ちがよくわかる。
その子に何があっても「私が治す」って心に決めている。
ブリーダーって仕事をしてる人が弁護士って言葉をだしたんなら
きっとその言葉を言うまでのいきさつがあるはずですよね。全く書かれてないけど。
心配なのは欠陥品と書かれてしまった猫ちゃん。。。
がびさんと同じ気持ちです(:_;)

返信する
ricoron

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
はじめまして、
いつもあいちゃん、すーちゃんの可愛らしい姿に癒されている者です。
私は動物と暮らしていないのですが、ラグドールが好きでいつか一緒に暮らしたいなと
思ってます。今回の記事、本当にごもっとも!と思います。私もこのかたのブログをラグドールブログを探していた時に知って、ブリーダーさんともめる前からなんだか気持ちわるい、、と思ってました。おトイレが上手く出来ない事などを猫の欠陥と呼ぶ、、そして猫を物扱いしている事とか正直恐怖でした。今回、がびさんの記事を読めて本当に良かったです。
これからもあいちゃん、スーちゃんの可愛い姿を楽しみにしております。

返信する
ルツ

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
がびさんこんにちは。
私もそのブログを読んだ時、付いているコメントを含めて「???」だらけで、自分の方がおかしいのかしら?と頭が混乱しました。
でも、がびさんのブログを読んで、コメントなどの事情など納得しました。
ブログって、ある意味おそろしいですね。

返信する
Nai

SECRET: 0
PASS: c925d13b641006079d60f125f4a6692a
はじめまして!
いつも、あいちゃんすーちゃんとがびさんの賑やかな暮らしを楽しく拝見しています。
今回がびさんが書かれた事に激しく共感いたしまして、思わずコメントさせてもらいました。

あのブログがランキング上位にいるのが嫌で、更新されても見ないようにしよう!といつも思うのですが
「不良品」扱いされた猫の様子が気になって、つい見に行ってしまいます…
あなたの記事を読みたいって思ってる訳じゃないから!って
但し書きしたいくらいなのですが。

猫ちゃんが幸せになってくれることを祈るばかりです…

返信する
ユキんこ

SECRET: 0
PASS: 34c4430234cb1478239ac7ab1f3b3af7
その記事 読んだことあります。
自分の猫を「不良品」と呼ぶこと、そして 「ブリーダーは国家資格もなにもない、ただの繁殖業者です」と言う言葉、引っかかります。
自分の愛猫を不良品なんて 呼ぶことも気分悪いし ブリーダーさんだって 心底 愛情を注いで一生懸命育てている人達が たくさんいるのだから。

世の中には いろいろな考え方の人がいて だからこそ いろいろな角度から考え直せる時がありますよね。だけど、あまりに自分とズレてると気分が悪いです。そんな人もたくさんいるのかと。
 私自身でも たまに 自分の言葉が ある人にとっては 傷つく言葉になってるのではないかと思う時があります。

今は この猫ちゃんの幸せを願うばかりです。

返信する
りんご

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
初めまして(^-^)
私もそのブログ知ってます。
読んでて猫さんがかわいそうで(涙)
いらないとかもいってましたよね。。
だったら私が可愛がって育てるからって思いました!猫さん。。幸せって思ってるのかなぁ

返信する
たれまま

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
胸中お察しします。
私も一匹目を迎えたとき、似たようなことがありました。
私はネット上ではなく面と向かって出身キャッテリーやうちの子を批判されました。
返品したらどうかなど信じられない言葉もありました。
その方々のうち一人はご自分で繁殖をされているにもかかわらず、です。
同業の方ですらこうなのですから
素人は本当に好き勝手言えますよね。

私もネットでアホ飼い主を見るたびに
呆れて開いた口が塞がらず涎垂らしちゃったりします(笑)

今回の記事で書かれていることを人間で考えると
自分の子供を不良品呼ばわりしてることになりますね。
虐待もいいところではないかと思ってしまいます。
我が子として迎える覚悟が全く足りていないのでしょうね。

返信する
町屋

SECRET: 0
PASS: d991a88f2fab356d5b2a46e58fe4dabb
動物が粗相するから“不良品”?私も不思議に感じていました。
ビジネス意識に厳しい方なら、商標登録されてるようなキャラクターをタイトルに使ってそんなマイナスイメージ発信するべきじゃないのに。

返信する
がび

SECRET: 0
PASS: 029ca95e2328d6038b0928f2255b28ab
★はなぴんさん
★ricoronさん
★ルツさん
★Naiさん
★ユキんこさん
★りんごさん
★たれままさん
★町屋さん

皆さん、コメントをありがとうございます。

返信する
シュウママ

SECRET: 0
PASS: d51aa2470d7adb376f2c99c5df5c2e9b
今回の記事に少し驚いてしまいました。
・・・と言うのはそのブログを読んだ事がありませんでした
さっそくちょっと覗いてみました。
本当にちょっと覗いただけなので「全て」に関しては
分かりませんがひとつだけはっきり分かった事は
粗相をした仔猫を不良品と呼んでいる事実。
それだけでもう充分だと思いました。
そして思ったのですが今回の仔猫の件だけではなく
生活全般、全てにおいて彼女は「そういう人」なんだろうな・・
もし仔猫が病気にでもなったら彼女どうするんだろう・・・
考えただけで恐ろしくて仔猫が不憫です。

返信する
がび

SECRET: 0
PASS: 029ca95e2328d6038b0928f2255b28ab
シュウママさん、コメントをありがとうございます。

さて、いつもはコメントにお礼の意味も兼ねてお返事を差し上げていますが、今回の記事に限り全てのコメントに遠慮させていただいています。
理由は、わたしの告発したサイトでは「コメント欄で誹謗中傷がエスカレートしている」ので、同じように見られるのを防ぐためです。わたしの言いたいことは記事に書きましたので、これ以上ここで盛り上がる必要もないと思いました。

もちろん、コメントはありがたいです。
わたしひとりがそう思っていたのではないことを知って、心強いです。

実は、弁護士の件に関してはブログをもう1度きちんと読んでみました。そして、こちらの友達の弁護士に電話をしてみました。詳しい理由ははぶきますが、オーストラリアでは「名誉毀損」で告訴できるようです。少なくとも、弁護士の名のもとに勧告は100%できます。みんな、ブログ記事をきちんと読んでいないんだなあ。当のブログに「けしかけるようなコメント」を書いているかたたちも、安易に関わっていることをお忘れなく。

返信する
計都

SECRET: 0
PASS: 66afee6af97c84db4bb1a557e155c68f
こんばんは。
昨日ブログを読みに行ってきました。
このケースだと日本でも十分ブリーダー側が名誉毀損で訴えることができます。
ブリーダーは一応生業としてみなされるので、不利益を与える行為を行ったという理由です。

私もブリーダーですから、こういうケースは今まで無かったわけではありません。
しかし、譲渡するときに必ず、
「うちでは粗相をしたことはありませんが、新しい環境ではしてしまうことがあります。」
などや
「小さいときに粗相をしていたので、もしかしたらそちらでもしてしまうかもしれません」
など説明をしています。
ブリーダーにもやや問題があったのではないかと思いますが、それでも自分の猫を不良品という方に譲ってしまって、すごく後悔しているのではないかと思います。

返信する
ほしの

SECRET: 0
PASS: c401044e190513ba6c42ea6c4120d197
はじめまして!
わたくしは、今こちらの記事で問題となっているキャッテリーさんから猫を譲っていただいており被害にあっているブリーダーさんと親しくしています。ですからこれから書くことは、ブリーダーサイドの話になりますがご了承ください。実際にブリーダーから聞いた話によると粗相は、ブログをちゃんと見ればわかると思いますが渡しした直後ではありません。子猫を迎えた時は、ちゃんとトイレで用をたしていて五ヶ月頃に虚勢手術をした後エリザベスカラーを嫌がりその辺りから粗相をするようになったと、飼い主がメールでブリーダーさんに書いてきたと聞きいています。ですから、私の推測ですが、飼い主の猫の飼い方に問題があったと思っております。また渡しする時には、粗相をしないようにするための注意書きも渡していると聞いています。私が被害者のブリーダーさんから猫を譲ってもらった時も子猫を迎えるにあたっての注意書きを同じようにもらっています。ここに書いたのは、ほんの一部ですが皆さんに少しでも真実を知ってもらいたかったのでコメントさせていただきました。

返信する
aisu28

SECRET: 0
PASS: 12c066544224357fa53280d81de918a1
うちにも1匹ほぼ毎日のように粗相しちゃう子がいます。
でも動じません。だって私が選んだ“生き物”ですから。
生体を買うのは簡単だけど、生体を飼うのにはそれなりの覚悟が必要なのは言うまでもありません。(ですよね?)
また、飼い主はペットを選べるけど、ペットは飼い主を選べません。
自分で選んだ以上は、責任を持って生涯を見届けるのが当たり前だと思って日々猫達と生活しています。

後日、こちらの記事は削除予定のようですが、個人的な意見としてはあえて残して欲しいと思います。

返信する
がび

SECRET: 0
PASS: 029ca95e2328d6038b0928f2255b28ab
ほしのさん、aisu28さん、コメントをありがとうございました。

返信する
りら

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
こんばんは

コメントに、URLしか残しておかない失礼な人ですね。

読ませていただきました。

事情も知らないのによくまあ、広めてくれましたね。しかもオーストラリア?
素敵ですね。

譲り受けるとき「全然問題行動ありません。」と言ったのはブリーダーとかいう
訳のわからない繁殖業者ですし、「注意書き」もいただいておりません。
ついでにいうと「血統書」もです。

問題行動があったとき、相談してもなんのアドバイスももらえませんでした。
ですから、本とかの知識で対処しました。
それをあとから駄目だしされて、混乱させるのがブリーダーなんですか?

あまり無責任なことを書かないでください。

しかも一円でも取引があったらりっぱなビジネスでしょう?
生き物だからってそこらへんが変にスポイルされて、肝心のブリーダーの義務とかは
免責されるんですか?
そこを言いたいのです。弁護士だなんだと感情的になられて困っているのはこっちなんです。

他人のブログ批判している暇があったら、正々堂々とコメントしてください。

返信する
がび

SECRET: 0
PASS: 029ca95e2328d6038b0928f2255b28ab
りらさん:

あなたのブログに行ってきましたが、わたしのURLが載っているコメントとはどれですか?
「正々堂々とコメント」とは何のことでしょう。わけがわかりません。

インターネットの仕組みをご存知ないようなので、少々ご説明いたします。

たぶんニフティーも同じような設定があると思いますが、コメントには必ずIPアドレスというものが付加されます。つまり「コメントが来ました」という通知には必ず「足跡」がついてしまうのです。
わたしのIPアドレスはオーストラリアですし、接続されているサーバーのホスト名はiinet.net.auという語尾にauというAustraliaの略号がつきます。

日本の例えば「あなたのホスト名」のようなdion.ne.jpという「足跡」は、日本からしかつけられません。そこで確認できるのではないでしょうか。わたしに.jpというホスト末尾を使うことは不可能なのです。

易しく説明したつもりですが、「わたしがそのコメントを書くのは不可能」だということがおわかりいただけたでしょうか。

それこそ「確かめもせずに」わたしを批判なさるあなたのほうに、インターネット知識のなさを露見させてしまったわけで、申し訳ありません。

わたしは、あなたのブログのような罵詈雑言の羅列のみのサイトにはアクセスしたくもありませんので、残念ながらそれはわたしではないのです。

ちなみに「正々堂々と」というのは「公表してこその言葉」ですが、そのコメントが表示されていないということは、ご自分に都合のよいコメントだけを表示されていると解釈してよろしいのでしょうか。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください