猫だってエチケットに従う努力をする

こういうジョークは苦笑モノ。英語ですが、ネットやメールで回し読みされています。詠み人知らず。

の必修エチケット集

1.ヘアボールを吐かなければならないときは、すばやくソファの上に移動しましょう。もしそんな時間もないときには、できるだけ高価な絨毯のある場所に移動しましょう。

2.訪問客があったときには、できるだけ早くどの客が猫嫌いか、またはどの客が猫アレルギーかを見極めましょう。そして、その客の膝のうえにずっと座ること。そのときに、さっき食べた魚ゴハンの口臭を絶えず吹きかけることができれば、ベストです。

3.客のズボンの上に座るときやズボンに身体をこすりつけるときは、かならずあなたの毛色と反対の色を選択しなければなりません。例えば、あなたが白猫なら黒ズボンに、そして黒猫なら白ズボンか明るめの色のズボンです。

4.客がトイレに行くときは必ずついていくのがマナーです。何もする必要はありません。ただその前に座りじっと観察するだけです。

5.猫好きだと自認する客には高慢な態度を見せなければなりません。爪をストッキングにたてたり足首をかじったりするのは、効果的です。また、顔を見るたびに「しゃー」と言うことを忘れてはいけません。

6.いかなる部屋のドアも閉めさせてはいけません。ドアを開けさせるためには、後ろ足で立ち、前足で力強くドアを叩きます。そしてドアが開いたら、すでに通り抜ける必要はありません。気を変えることも可能です。庭へ行くドアを開けるよう催促したときには、まずそのドアから半分身体を外に出し、後ろ半分は家の中に残し、庭で何をするかをしばし考えるようにしましょう。雪の降る寒い冬の日、または蚊の多い夏の日は、特にこのマナーを固く守らなければなりません。

7.もしひとりの人間が忙しくて、もうひとりの人間がリラックスしている場合、必ず忙しい人間の膝に座らなければなりません。読書をしている人間には、もしその本の上に直接寝られない場合は、そのひとのアゴの下まで入り込みましょう。

8.もし人間が机の上で仕事をしていたら、必ずその仕事中の書類の上に座らなければなりません。その上からどかされたら、2度までは許しましょう。その後は、なにか机の上にあるもの、例えばペン、鉛筆、マウスなどを「必ずひとつずつ」 机の下に落としましょう。

9.日のあるうちに充分な休息をとりましょう。そして、夜中の2時から4時の間には必ず元気よく遊びまわらなければなりません。人間も遊びが必要です。辛抱強く起こしてあげましょう。

 

にほんブログ村ランキング参加中です。下のバナーをぽちっとクリック↓で、あいちゃんもすーちゃんもハッピーに♥♥
↓ ↓ ↓  ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ

6 COMMENTS

reecaty

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
4・6・7・8に心あたりがありますね
うちの子たち 猫のエチケットを守っているのか
いないのか 微妙ですね  ふふふふふ~

8で すぐに頭に浮かんだのが あいちゃん
がびさんが もうやめて とか言ってペンを拾ってる
う~ん まるで見たようだわ

返信する
はなぴん

SECRET: 0
PASS: 2f7b52aacfbf6f44e13d27656ecb1f59
読んでると猫ちゃんのしぐさが
連想できて・・・(笑)
うちは誰かに膝にきてもらって
旦那を動かすように仕向けないと~(笑)←7を参照

返信する
たれまま

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
こんにちは、二度目の書き込みをします元オーストラリア住まいのたれままです(*´∇`)
がびさんはパース在住とのことですが
私もシドニーのシティに住んでた頃以外はオージーはみんな猫を外飼いするんだなぁと戸惑ってました(◎-◎;)
(むろん、日本の実家の田舎もそういう意識は根強くありましたが
昨今は近所迷惑が先に立っている気がします…)

今回の日記、笑わせていただきました。
友人にそのまま紹介したいのでよろしければ原文の掲載いただけないでしょうか?

返信する
ユキんこ

SECRET: 0
PASS: 34c4430234cb1478239ac7ab1f3b3af7
猫のエチケット、こんなふうに改めて書いたものを読んでいくと
おかしいですね 笑
やるやる!!って思いながら読ませていただきました(^^♪

5 6 8 分かる気がします
8で 確かに机のもの落としていくんですよね…
あれはエチケットだったのですね^^;

返信する
がび

SECRET: 0
PASS: 029ca95e2328d6038b0928f2255b28ab
★reecatyさん:

猫飼いはだれでもココロあたりがありますよねー。
あいちゃんは、もちろん何でもかんでもテーブルから落としてくれます(笑)。週末の朝とか、マウスやそのワイヤレスマウスのUSBとか床に飛び散っているので、本当に苦労しますよ。

★はなぴんさん:

絶対誰でもうなずくところあるでしょ?
ダンナさまは….あはははは。(以下省略)

★ユキんこさん:

そうです、猫のエチケットだったんですねー。わたしたちの猫はホントはどこに出しても恥ずかしくない猫ちゃんたちだったんですねー(笑)。

返信する
がび

SECRET: 0
PASS: 029ca95e2328d6038b0928f2255b28ab
★たれままさん:

やっぱりオーストラリアは全国で外飼いが多いんですね。西オーストラリアだけじゃなかったんだ。改善してほしいです。状況とオーストラリア人のアタマの中も。

さて、ジョークですが、こちらはメールでもらったものだったので、こちらにコピペしておきます。記事はわたしの意訳ですから、少々違うかも。

If you have to throw up, get into a chair quickly. If you cannot manage this in time, get to an Oriental rug.

Determine quickly which guests hates cats, or are allergic. Sit on that lap during the evening. He won’t dare push you off and will even call you "nice kitty." If you can arrange to have cat food on your breath, so much better.

For sitting on laps or rubbing against trouser legs select colors that contrast with your own.

Always accompany guests to the bathroom. It is not necessary to do anything. Just sit and stare.

For guests who say they love cats, be ready with aloof disdain, claws applied to stockings or a quick nip at the ankles. Don’t forget to hiss.

Do not allow closed doors in any room. To get one open, stand on hind legs and hammer with forepaws. Once the door is opened for you, it is not necessary to use it. You can change your mind. When you have ordered an outside door opened, stand half in and half out and think about several things. This is particularly important during cold weather or mosquito season.

If one person is busy and the other is idle, sit with the busy one. For book readers, get in close under the chin, unless you can lie across the book itself.

For people doing homework, sit on the paper being worked on. After being moved for the second time, push anything movable off the table — pens, pencils, stamps — one at a time.

Get enough sleep during the daytime so that you are fresh for playing at night between 2 and 4 a.m.

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください