19歳の死にゆく犬と人間の美しい愛を見て泣く

今日は本当は他の記事を用意し始めたのだけれど、朝のニュースショーでの紹介を見て大泣きしてしまったので、そのことを書こうと思う。
まず、写真を見てほしい。英デイリー・メール紙のオンライン版記事米ツインシティーズ・オンライン記事に掲載されている。

こちらは米国のニュースで紹介されたクリップ(英語)。今朝放送されたオーストラリアのChannelSevenのクリップはYouTubeにはなかった。

 

シェップは19歳だ。関節炎を患い、痛みが絶えない。
彼のパートナーであるジョンは、シェップがまだ仔犬のときにシェルターから引き取った。最初のオーナーの飼育放棄だった。そのころは婚約者と二人で飼っていた。

が、やがてその婚約者とは別れがやってきた。彼女は去り、ジョンは悲しみのあまり自殺さえ考えたと言う。それを救ってくれたのが、シェップだった。「シェップがいなかったら今の僕はいない」と。「今は僕がしてやれることをしてやらなければ」。

シェップはすでに人間なら百歳以上の老犬だ。
進行した関節炎のために、眠れない夜が続く。それを少しでも鎮めるために、今日もジョンはシェップを連れて湖に行く。夏の米国ウィスコンシン州のスーペリア湖は温かい。シェップはジョンに抱かれて湖に入り、彼の肩に頭をもたれてゆっくりと波に揺られながら眠る。静かな波の揺れと水の温かさが、関節炎を鎮め彼を静かに眠らせてくれるのだ。

犬と人間の種を超えた深い愛情が、痛いほど感じられる写真。
この写真を見たとき、知らずに涙がほろほろとこぼれた。何百ものコメントをフェイスブックに残したひとびとのように、今までの人生でなくしたひとやペットを想い、悲しみ、愛、そして優しさの感情が一度に襲ってきて茫然とした。そして、なくしたと思っていたそれらの人やペットへの想いがまだ心の底に残っていたこと、その温かさにもう一度泣いた。

写真を撮ったのは、ジョンの友達、プロの写真家であるハンナ・ストーンハウス・ハドソンだ。彼女自身のフェイスブックで最初に紹介し、今では何百万ものアクセスがあるという。
写真は、彼女の写真サイトから購入できる。その報酬の一部はシェップの治療費にあてられるらしい。少し大きめの写真を購入して書斎にそっと置きたいと思う。

たった1枚の写真が、何百万人ものひとたちに訴えかけるもの。
語らなくとも伝わってくるもの。

 

にほんブログ村ランキング参加中です。下のバナーをぽちっとクリック↓で、あいちゃんもすーちゃんもハッピーに♥♥
↓ ↓ ↓  ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ

7 COMMENTS

HanaSora

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
涙がとまりません・・・。

湖の中でのシェップの安心しきった表情、ジョンの慈愛に満ちた姿。
まさにパートナーですね。
あ~まだ涙がとまらない。

折しも日本では
ZIPという朝の情報番組の人気犬ZIPPEIという兄弟犬がほかの犬とともに熱中症で亡くなりました。明らかに人災。
こんな人は動物を飼う資格なんてないと思うのですが。

返信する
Kotora

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
そういう背景があったのですね…。
以前ネットで見かけて、その時は見なかったんですが。
すべての人が同じように、とはいわないけれど…。
最期までちゃんと面倒を見る、最期までちゃんといたわって愛してあげるということを多くの人に知ってもらいたいですよね…。

返信する
がび

SECRET: 0
PASS: 029ca95e2328d6038b0928f2255b28ab
★HanaSoraさんへ:

なんかね、かなり感動してしまいました。
どうしてかって言うと、ペットと人間は違う、と思うひとが回りに沢山いるので。
わたしにとってはペットだって家族なんです。でもわかってくれないひとが多い。
そうした中で、こういう記事と写真に感動するひとがこんなにも沢山いると知ったことで、かなり救われました、わたしも。

★Kotoraさんへ:

犬も猫も最低でも10年以上は生きられます。それを実は理解していないひとたちが多いので、飼育放棄などの問題が出てくるのでしょう。
そういう殺伐たる現代に、こういう話が出てきて何百万ものひとたちが感動したということに、わたしは少々驚きました。ニンゲン、まだまだ捨てたもんじゃないぞ、と思いました。なんだか心が温かくなりました。

返信する
はなぴん☆

SECRET: 0
PASS: 12949e83a49a0989aa46ab7e249ca34d
ペットは家族・・っていうことをわかってくれない人
結構いますよね。
私にとっても子供と一緒。

・・・でも動物の話苦手なんだぁ~
涙涙で見れなくなっちゃう~(p_-)

返信する
がび

SECRET: 0
PASS: 029ca95e2328d6038b0928f2255b28ab
★はなぴんさんへ:

そうなんです。ペットはニンゲンと比べられない、と。
そういうひとたちにとっては、わたしの言うことがわからないと思います。
そして、だから先代猫が死んだときにもペットを飼っていないひとたちには、
決して言えませんでした。
ひとつは言ったら泣くのがわかっていたから。もうひとつは、泣くことでそ
のひとたちに「たかがペットぐらいで」と思われるくらいなら言わないほう
がマシと思ったから。

返信する
kate

SECRET: 0
PASS: 4e3da2ae832730d1abbf10611df36ea6
あれ、昨日コメント残したのにどこかに行っちゃったみたい。。。

この写真を見て愛情に溢れている様子に涙が止まりませんでした。
動物と一緒に暮らすと決めた以上、最後までお互いをこれくらい
信頼しあって過ごせたら本当に素敵ですね。
というかしないとだめなんだと思います。
そうなっていない現実の方が多いような気がするけれど・・。
人間の方が自分勝手な行動を取り易いだけにこの写真の表情には感動しました。

返信する
がび

SECRET: 0
PASS: 029ca95e2328d6038b0928f2255b28ab
★kateさんへ:

あ、わたしもそういうことありました。コメントを残してきちんとコードまで入れてOKにしたのに…それもFC2でした。もう一度入れてくれてありがとうございます!

この写真、英語で言う「写真は千語の言葉より雄弁」の良い例ですね。
わたしもこれを見て涙がでたけれど、それは悲しいというのではなく、なんだか温かくてやるせなくてこういう関係は人間と人間だけじゃないんだな、という感動の涙でした。

最後まで、って大事ですよね。一度家族になったからには死ぬまで一緒。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください