寝るときはみんな一緒に同じカッコで…

毎度のことだけど、寝ようと思ってベッドに行くとこういう物体がふたつ載っている。
しかも左右対称で。

特に冬(オーストラリアは南半球なので季節が反対)の寒い時期には、ベッドで待っていることが多い。夏だとバスルームのタイルの上とか、涼しい場所が多いけどね。

ところが、昨日は雨模様でせっかく初夏だというのにいきなり大幅に気温が下がった。昼間でも20度以下、そして夜になると10度前後。電気毛布はもうしまっちゃったのに、これじゃあ寒くて寒くて…エアコンをまたヒーターに変えて、とりあえず部屋を温めてからベッドへ。

しかし…これだとわたしの寝る場所は上半分。足が伸ばせない。この状態で二匹の間に足を伸ばそうとしても、掛け布団が突っ張っちゃって足が入らないのだ。

仕方なく、わたしもにゃんこたちと同じようなカッコで、ベッドの上半分に丸まって寝ている。
でもね、朝起きるとあいちゃんは同じ場所(布団なしでシーツの上)、すーちゃんはバスルームのマットの上。わたしはミノムシのように、または巻き寿司のように布団にくるまっている。

カリカリも減っているし、猫トイレには何やら巨大なものが。
猫って夜行性なんだなと思うのはこんなとき。

 

にほんブログ村ランキング参加中です。下のバナーをぽちっとクリック↓で、あいちゃんもすーちゃんもハッピーに♥♥
↓ ↓ ↓  ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください