「忘れないよ」と、家族だった猫につぶやく

先代猫のゆきちゃんが死んだ日、わたしは病欠にして1日学校を休んだ。

とても、授業ができる状態ではなかった。
そして、その後何ヶ月間も泣き続けた。自分の家で鼻をかみながら、ずっとおいおいと泣く日々が続いた。Twitterにはわたしのその当時のかなり取り乱した姿がTwilogとして残っているが、実際の生活では家族のほかに誰にも打ち明けなかった。
口にしたが最後、涙が止まらなくなるのがわかっていたからだ。

だから、学校で周りのひとたちが初めてわたしが最愛の猫をなくしたのを知ったのは、あいちゃんをもらったよ、と打ち明けたときだった。

「あら、白い猫はどうしたの?」

その言葉を聞いたとたん、また涙がじわとふくれあがるのを感じた。もうすでに9ヶ月以上経っていたが、胸の傷がまた開いてぎゅうと締めつけられるような痛みが戻ってきた。

それ以来、誰も一言もゆきちゃんについては触れない。
そして、わたしも自分からはまだ話そうという気になれない。

たかが猫じゃないか、というひとたちがいることも知っている。ご家族をなくしたひとが、自分のペットをなくしたことを話した友人に「ペットと人間を一緒にするなんて」と怒りとともに言うのを見たこともある。

それでも、ゆきちゃんはわたしにとって家族だった。猫だろうがなんだろうが、家族だった。

あいちゃんをもらうことになったのも、ひょんなことからネットでラグドールという猫を見たからだし、すーちゃんはそれこそ偶然の重なりの結果、わたしの家に来た。今や、あいちゃんががびんちの子になってからすでに4ヶ月以上、そしてすーちゃんもほとんど1ヶ月半だ。

新しく家族となったこの2匹を、わたしはゆきちゃんの代わりとは全く思っていない。

ゆきちゃんは今でもわたしの庭に眠っているし、その上に植えた夾竹桃はほんの少し大きくなって花をつけ始めた。その周りをあいちゃんとすーちゃんがハーネスをつけて、ゆるゆると散歩する。

それを見ながら、ゆきちゃんを思い出す。
ゆきちゃんは、ハーネスをつけなくてもゆっくりと裏庭だけを回った。そして戻ってきて、庭のテーブルの上にひょいと身軽にジャンプする。「喉んとこ、ゆっくりナデナデして」とワイングラスを持つわたしの手を軽くつっつく。「爪切ってもいいよ」とお腹を見せる。「ねえ、ナニしてるの?」とコンピューターにアゴを載せる。
ゆきちゃんを優しく撫でながら見た小さな裏庭は、そのころとちっとも変わっていない。

でもよく見ると、ほんの少しの変化に気づいてしまう。
梅の木は屋根を軽く1メートルは越えている。アイリッシュストロベリーは今年から赤い実を沢山つけるようになった。ゆきちゃんがいなくなってから植えたオリーブの木は、すでに隣家の窓からの目隠しになっている。

そして、わたしは白髪を何本か増やし、目尻のシミが数えられるようになり、肩まであった髪が短くなった。
月日はどんどんと流れ、やがてゆきちゃんはその痕跡を残さずに土の中に消えるだろう。あいちゃんもすーちゃんも仔猫から成猫になり、やがて1日のほとんどを寝て過ごすようになるだろう。

時は流れていくけれど、わたしはそれでもそれに逆らっていつもそっとつぶやく。

忘れないよ。

絶対、忘れないよ。

 

引き出しの整理をしていたら、ゆきちゃんの写真が何枚も出て来ました。床にぺたりと座って、ずっとずっと思い出を反芻していた土曜日の午後です。
バナーをぽちっとクリックしていただけると励みになります。嬉しいです。

にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ

 

9 COMMENTS

はなぴん

SECRET: 0
PASS: 12949e83a49a0989aa46ab7e249ca34d
ゆきちゃん、はじめましてだね。
綺麗なニャンコさんだなぁ。

がびさんの気持ちわかるよ。
人とペットを一緒に考えるなんて・・という人もいるけど
はなぴんもペットは家族だし。正直ペットとは思ってない。
自分の子供だと思ってる。
亡くなってからも・・・家族が増えたってその子のかわりではないもの。
その子はその子、あの子はあの子。それぞれかわいい子供達。
忘れる事はないですよね。どれだけ月日が経っても絶対に。

返信する
ユキんこ

SECRET: 0
PASS: 34c4430234cb1478239ac7ab1f3b3af7
がびさんへ

この子がゆきちゃんなのですね。
うちのユキちゃんと同じ名前…
とってもきれいなコですね。

新しい猫を迎えても そのコの代わりにじゃないですよね。
私は 結婚13年 こどもはいません。
 どうにも仕方ないことだけど、 ユキちゃんを迎えた時
「こどもの代わり?」と軽くだろうけど 言われてショックでした。
がびさんとは ちょっと心境が違うかもしれないけれど、代わりっていうのは 
ありませんよね。
ユキちゃんは私の大事な家族。誰の代わりでもありません。
がびさんのゆきちゃんも今の2匹もそれぞれ家族。

ゆきちゃんのこと 思い出すだけでまだつらいと思うのに かわいい写真 見せてくださってありがとう。

返信する
がび

SECRET: 0
PASS: 029ca95e2328d6038b0928f2255b28ab
★はなぴんさん:

ペットに関しては、人ひとりひとり考え方が違うのだろうと思います。
わたしの友達は18年間一緒に住んだ犬を失ったとき、「不謹慎かもしれないけど、母が亡くなったときより悲しみは深かった」ともらしました。「母の死の悲しみは家族と共有できたけれど、独身のわたしがずっと生活をともにしていた犬の死はわたしだけの悲しみだったから。皆、同情はしてくれたけれど、それはわたしに対して。あの子に対してじゃなかった。立ち直るのにものすごく時間がかかったわ。」と。

★ユキんこさん:

そうです。これがゆきちゃん。真っ白で、日の光の中で見ると金色に輝く目をしていました。

わたしも子供がいません。だから、ユキんこさんの気持ちはわかります。そして「子供の代わりに猫をかわいがる」「子供がいなければわからない」との言葉に心が痛くなることも。犬も猫も長年一緒に暮らしてみたら、すでに家族です。子供の代わりではなく、本当の子供のようになっちゃっているんですよね。

返信する
もっちん

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
ゆきちゃんは、すごく綺麗なにゃんこだったんですね。
すごく愛されていたことがすごく伝わってきます。
ゆきちゃんもきっと幸せな人生だったんでしょうね。

ペットと人間を一緒にって発言は、ペットを飼ったことのない人のご意見ですね。
私も、昔はそう思っていました。
でも、実際、嫁の実家のにゃんこの死に立ち会い
今のユズ、レオンと一緒に過ごし、言葉を話しかける自分をみてると
ペットではなく家族なんだと、実感します。

ゆきちゃんのことを思うと悲しい気持ちでいっぱいになってしまうと思いますが
どうか、ゆきちゃんとの楽しい思い出を思い返して下さいね。
そして、あいちゃん、すーちゃんをぎゅーっと抱きしめてあげて下さい。

返信する
がび

SECRET: 0
PASS: 029ca95e2328d6038b0928f2255b28ab
★もっちんさん:

ありがとうございます。
ゆきちゃんはシェルター猫でした。友達に連れられて行ったシェルターで目が合ったとたん「びびび」と来てしまい、冷静になるために一旦家に帰りましたが、次の日どうしてもほしくてまたシェルターに逆戻り。まだ、いました。目が合ったら「ひゃん」と鳴いてケージに身体をすりつけました。もう、ダメです。諸経費を払い、そのままもらって帰りました。

幸せだったと思いたいです。だって、わたしが幸せだったから。

もっちんさんも、2匹目のレオン君が加わって忙しくなりそうですね。家族が増えるのはユズ君にとっても楽しい時間が増えることだと思います。これからの忙しい日々がブログに書かれるのを楽しみにしています。

返信する
ぷちこ

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
昨年、実家のにゃんこが旅立ちました。
ゆきちゃんとよく似た、真っ白なにゃんこでした。
それまで動物を飼ったことがなく、主人と結婚して
主人の実家で飼っていた猫とふれあって猫好きになった私。
今のふーららと出会えたきっかけを作ってくれたにゃんこでした。
とっても悲しくて、喪失感も大きくて、まだ今でも実家に帰れば
おかえりって迎えてくれそうな気がする。
なかなか現実を受け入れるって難しいですよね・・・

ゆきちゃんのお写真のお顔、とっても幸せそう
がびさんに心を許しているのがわかりますもの。
大切にかわいがってもらっていたんですね

私も、もう少し時間がたったら、ハナチャンのお写真のせますね。
今はつらいけど、がびさんのように受け止めて進まなければならないと思うから。

返信する
putulombok

SECRET: 0
PASS: 10be8fec0eaaf2465f176445d533b657
その気持ち、痛いほど分かります。
今日のブログを見ながら、私も年末に亡くなった子を思い出し、
思わず涙してしまいました。

今でも、思い出しては泣いてしまいます。
新しい猫が家に来たって、その子たちは決して「代わり」ではないんですよね。
そして、どの子もそれぞれが「家族」なんですよね。

真っ白できれいなゆきちゃん・・・
ゆきちゃんとの思い出、大切にしましょう。
がびさんが幸せだったから、ゆきちゃんも幸せだったですよ・・・!

返信する
まつぼっくり

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
お気持ちお察しします。
悲しいのは当たり前ですよね。
愛していたのですから。
でも一つだけ確かなことがあります。
私たちも必ずあちらへ行くこと。
だから私はまた会えると思っています。

返信する
がび

SECRET: 0
PASS: 029ca95e2328d6038b0928f2255b28ab
★ぷちこさん:

そうでしたか。やはり、猫さんをなくされたのですね。
わたしもまだまだ考えるたびに悲しいです。だから、死の朝のことはまだ決して書けないんです。楽しかった日々や、あの柔らかい感触と小さな甲高い声を思い出すようにしています。忘れたくないのは、その日々のことですから。

わたしはゆきちゃんの前にバンコクで飼っていた犬をやはりなくしていますが、その死のことはまだ落ち着いて話すこともできません。2002年のことなのに、まだ思い出すと胸が痛くなります。そんなものなのかもしれません。

ぷちこさんも、いつかハナちゃんと楽しかったときのことを話せるようになれるといいですね。

★putulombokさん:

そうでしたね。CHARちゃんをなくされていたのでした。
どんなに他の子が来ても、たとえ代わりに来た子だとしても、家族になってしまえば、またあらたな愛情を持って接するようになってしまいます。比較なんてできないほど、いとおしくなってしまいます。家族になってしまったものへの愛情はそういうものだと思います。

忘れないことが供養だよね、とわたしはいつも思います。ゆきちゃんはまだわたしの心の中には生きているような気がします。

★まつぼっくりさん:

わたし、ゆきちゃんが死んでから、猫をなくしたかたたちのブログをそれこそ探しまくっていたんです。そして、まつぼっくりさんのブログに行き当たりました。ずっとそれこそ最初から最後まで読んでいたのです。悲しくて悲しくて、おなじように悲しい思いをされたまつぼっくりさんが、どのようにその悲しみと共生しているのか、と。そして、ずいぶん癒されました。
本当に本当に、感謝しています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください